湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:00 火曜のみ20:00まで 金曜のみ10:00から 休診日 水曜・日曜・祝日

ブログ・コラム

 

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  hoshiyaブログ

hoshiyaブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ストロングマン!トライアスロンin宮古島

みなさんこんにちは。藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
4月も後半戦!
初夏を飛び越えたような暑い日や肌寒い日、安定しない陽気に皆さま体調崩されないよう気をつけてくださいね。

さてみなさん、宮古島に行かれたことはありますか?
沖縄までは行ったことあるけど…という方は今度はぜひ宮古島へ!!
羽田から直行便で3時間あまり、
宮古島の魅力はたくさんありますが、なんといっても東洋一美しいと称される浜辺。
気温は1日を通して23〜27度程度と過ごしやすく、今がまさに最高の季節です。

なぜここで宮古島??

といいますのも
2018.4.22
当院院長が、
第34回宮古島トライアスロン大会に出場しました。
大会当日はお天気に恵まれ、透き通る青い海と白い砂浜の中、院長はスタートしていきました。

この宮古島トライアスロン。
いわずとしれたトライアスロン最強大会。ストロングマンレースといわれるタフな大会です。

スイム3キロ
自転車175キロ
ラン42.195キロ。

今回は1570名がこの過酷を極めるストロングマンに挑戦!

朝7:00にスイムのスタート。院長は7:50にスイムを終え、その後すぐにバイク(自転車)175キロスタート。
バイクを13:30にフィニッシュし、最後にまちかまえるラン。42.195キロのフルマラソンです。

私たちは無事に帰ってきてほしいと、祈るような気持ちでゴールの宮古島市陸上競技場へ。

競技場では大切な人たちと手をつないで最後ゴールテープを切る選手たちの温かい光景が。

院長が来る前から涙涙のストーリーが繰り広げられています。

祈る思いで待つ時間はとても長い。

そして…

競技場に院長が戻ってきました。

みんなで待ってたよ〜!

体力を極限まで使い果たして、でもしっかりとした足取りでゴールまでたどり着いてくれました。

もう涙が止まりません。
最後は家族みんなでゴール!!

参加者1570名の挑戦者のかで348位!

院長の11時間20分の長い長い挑戦が終わりました。

そして忘れてはいけないのがボランティアの方々。
島内外から5000名の有志の方々がボランティアとして選手の安全と大会の円滑な運営ために、当日はもとより大会前後の選手をバックアップしてくださいました。

地元の小学生もみなさんがボランティア。

小学生「ポカリいりますか?」
選手「お願いします」
小学生「ポカリお願いします!」

といった具合で給水係とすばらしい連携で選手の給水をサポート。

島あげて大会を盛り上げてくれました。
こういった温かいボランティアの方々に支えられて選手たちは背中を押され、奮い立ち、過酷でくじけそうなレース中でも一歩、もう一歩と前に足を踏み出すことができるのではないでしょうか。

本当にありがたいです。

温かな声援とボランティアに支えられ、自分の限界に挑み、完走を成し遂げた院長。
自分に決して負けないタフな気持ちがまた日々の臨床への情熱となって生かされると思います。
院長!お疲れさまでした!!

さて今大会最年長は65歳。あまりに過酷なレースなため年齢制限があるそうです。
大会当日はもとより日々のトレーニングとそれに耐えうる体を作る栄養素の補給には何でも美味しく食べられる健康な歯が欠かせません。
またここぞという勝負時や踏ん張りどころでは歯を食いしばって力を振り絞る。
アスリートにとって、お口の健康は切っても切れない大事なことだなあとしみじみ実感しました。

大会終了直後は疲れすぎて何も喉を通らなかった院長ですが、次の日、大会でデトックスし吸収が良くなった体にたくさんの栄養素を送り込むように美味しそうに食事をする院長の姿が印象的でした^^

  

















 

2018-04-26 21:23:54

『tuft club』最新号に当院衛生士登場。

みなさんこんにちは。藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
少しづつ暖かな日も増えてまいりました。もうすぐ3月。
ひな祭りも近づいてきました。
当院は皆様に春の足音を感じていただきたく今年もひな飾りを行いました。
昨年から飾り始めた吊るし雛。今年は紅白の鞠がメインの可愛らしいものとなっております。皆様お越しの際はぜひ予防ゾーン待合をのぞいてみてくださいね。

さて以前もお伝えしたことのある歯科衛生士専門の情報誌。『tuft club』。
予防に情熱を持って取り組む歯科衛生士の集まる日本最大級のネットワークが発信する本誌に、
当院衛生士の西中園が掲載されました!
西中園はお口のクリーニングはもちろんのこと予防歯科の大切さを熱い情熱を持って患者さんに日々お伝する当院のエースです。
そんな西中園がなぜ歯科衛生士という仕事を選んだのか。歯科衛生士という職業を通じて患者さんのために何ができるのか。インタビュー記事として掲載されております。
ぜひご覧いただければと思います。

さて余談ですが・・・
当院玄関にありますブラックボード。
毎月月替りでオススメ商品を書いております。
オススメ商品とともに季節ごとのイラストが可愛らしく毎月楽しみと言ってくださる患者さんも多いのですが、実はこのブラックボードを担当しているのが西中園です。
いろんな面で当院の顔となっている西中園です。
3月のブラックボードもお楽しみに^^

3月のオススメは
キシリトールタブレットとなっております。天然の甘味料で砂糖とほぼ同じ甘さのあるキシリトール。甘いのに虫歯予防って不思議ですよね。
なぜ予防になるのか、以下に特徴を記載します。

①歯を溶かす酸を作らない
②虫歯菌のエサにならない
③歯磨きで落としやすいプラークに変える
④唾液を増やす
⑤歯の再石灰化を促す



皆様すっかりおなじみのキシリトール。スーパーやドラッグストアではキシリトール配合の商品がたくさん販売されています。しかしキシリトールと書いてあればなんでもいいというわけではありません。甘味料はできるだけキシリトール100%のものを選びましょう。100%が理想ですが最低でも50%以上の含有率のものを選びましょう。
当院で扱っているキシリトール製品は全てキシリトール100%。安心してお使いいただけます。
詳しくは歯科衛生士にお問い合わせください。

 



 

2018-02-24 14:21:38

冬の感染症で大事なこと。

新年あけましておめでとうございます。湘南台の星谷歯科医院です。


『もっと快適に、もっと美味しく、もっと美しく』院長はじめスタッフ一同今年も皆様の健康のお手伝いをさせていただければ幸いです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて年末から続く朝晩の寒さ・・・みなさん体調はいかがですか?
ここ藤沢市でもインフルエンザが流行とのこと、学級閉鎖の学校もあるそうです。
お口は感染の窓口。特に空気の乾燥する冬は細菌やウイルスが繁殖しやすいので、
感染症予防に必須なうがい、手洗いに加え室内の湿度の管理、十分な水分補給を心がけてくださいね。
もちろん感染の窓口であるお口の中も冬は外気の影響を受け、乾燥しやすくなっています。
とくに風邪などで鼻が詰まっていると、口呼吸になりお口の乾燥がさらに進んでしまう悪循環となります。

そんな際は是非マスクを活用しましょう。
マスクは感染症の予防という役割だけではありません。
マスクをすることで外気が入ってくる鼻と口を自分の呼気に含まれる水蒸気が適度な湿度に保ってくれる効果があります。昼間だけでなく、夜間就寝中つけることでも効果がありますのでオススメの保湿方法です。
是非試してみてくださいね。

冬はインフルエンザや胃腸炎を伴う風邪、そしてノロウイルス。夏は食中毒や手足口病など、私たちは一年中何かしらの感染症に悩まされます。
とくに、自分で体の管理ができないお子さんの感染症は親御さんにとっては一大事!
私も2児の母ですので、子供が病気になって高熱が出た時は熱の上下に一喜一憂してしまいますし、
自分が代わってあげたいと思うほど胸が痛みます。

普段は職業柄、お子さんのむし歯予防や食育の観点から砂糖の入った飲み物はお子さんにはお勧めはしていません。おやつや食事中の飲み物として水やお茶、牛乳などをお勧めしています。

でも感染症の時は全く別です!何よりも水分補給が大切です!
ご経験がある方も多いと思いますが、小さなお子さんは体調の悪い時にはなかなか水分を摂ってくれません。
そんな時は水やお茶よりも糖分が入っているものの方が良いと思います。
体調が悪い時に欲しいものは体が本当に欲しているもの。ですのでもしお子さんが甘い糖分の入った飲み物を欲しがったら飲ませてあげてください。できれば体への浸透が良い経口補水液。
例えば健康な時に経口補水液のOS-1を飲むとあまり美味しくない・・・むしろまずく感じます。
でも発熱など体調が悪い時は何故か美味しく感じます。やはり体がそれを求めているからではないでしょうか。

大人も子供も体調不良の時は『砂糖=むし歯』の概念は捨てましょう。
体調が回復するのが大前提。ですので、内科などの医師の指示に従って経口補水液等でしっかり水分補給。
そして体調が良くなったらまたお茶や水、牛乳に。むし歯予防はそれからで全く問題ありません。

まだまだ寒い日が続きます。皆様感染症に気をつけて健康な日々をお過ごしくださいませ。


星谷歯科医院では湘南台在住の丸山直江さん作のお正月らしい筍の皮でできたフラワーアートを展示しております。筍の皮の素朴な茶の濃淡や、染色した皮を使ってオリジナルのフラワーアートを創作する丸山さん。丸山さんは、日本フラワーデザイナー協会の名誉本部講師を務めるなど、半世紀にわたって花と関わられ、現在も自宅で教室を開くなど、幅広く活動をしていらっしゃいます。
当院にお越しの際、是非ご覧ください。

  

2018-01-06 12:39:37

星谷歯科忘年会&表彰式♪

こんにちは、湘南台の星谷歯科医院です。
早いもので今年も残すところあと数日。
一年の締めくくりとして先日当院も長後の駅前にあるとんかつ『福一』さんで
忘年会を行いました。

今年の忘年会は去年までとガラッと趣向を変えて、一年間、星谷歯科医院の仲間として頑張っていただいたスタッフの皆さんに感謝の気持ちを込め表彰式を行いました。

受賞結果は

患者さんとのコミュニケーションがすばらしい賞・・・ 西中園
ベストフロアマネージャー賞・・・DH木下さん
ミーティングMVP賞・・・DH吉田さん
朝礼MVP賞・・・DT船木さん
頼りになる先輩賞・・・DH藤田さん
仕事の飲み込みが早くて優秀賞・・・DA丸山さん
美しい言葉と立ち振る舞いMVP賞・・・受付渡辺さん
患者さんスタッフへの配慮がすばらしい賞・・・篠原先生
前向きな発想がすばらしい賞・・・DH野田さん
患者さんへの気遣いがすばらしい賞・・・DA山本さん
頑張るママさん衛生士賞・・・DH川合さん
患者さんの心に寄り添う姿がすばらしい賞・・・DH山内さん
みんなを和ませてくれてありがとう賞・・・DH籾山さん

そして特別賞!
院長賞・・・篠原先生:院長の右腕として診療が円滑に進むようご尽力いただきました。またスタッフににも細やかな気遣いをしていただきましたし、ミーティングでの意見が的確でとてもすばらしいご活躍でした。

副院長賞・・・渡辺さん:今年はセミナーなどに積極的に参加していただき患者さんやスタッフの笑顔につながる取り組みをたくさん提案していただきました。
またチーフとして後輩の教育を頑張ってくれました。

そして今年は『ベストスマイル賞』『ベストスタッフ賞』をスタッフ全員で投票し決定しました。

まず『ベストスマイル賞』
なんと同立1位で2名のスタッフが受賞しました。
最優秀ベストスマイル賞1人目は・・・山内さんです。
・どんな時でも笑顔で挨拶や返事をくれるのでこちらも笑顔にしてくれるし気持ちいいです
・患者さんに対してもスタッフに対してもいつも笑顔で話しやすい環境を作ってくれている
・ご自身が疲れている時や体調が優れない時もあったと思いますが、いつも笑顔で挨拶をして
くださり元気をもらいました。
・どの患者さんにもいつもニコニコ笑顔でした。スタッフに対しても笑顔が素敵だなあといつ
思っています。私も気をつけようと思いました。
・子育てしながら大変なのに仕事は全力で笑顔を絶やさないところが素晴らしいです


最優秀ベストスマイル賞2人目は・・・衛生士西中園さんです。
・何時も元気で明るく大きな声で挨拶して笑顔が素敵です
・声が大きくムードメーカー、前向きですごい
・初対面でも隔てなくすごく笑顔で挨拶したり接してくれる
・いつも明るい笑顔でみんなを楽しませてくれます
・一緒に働いているとその笑顔に元気をもらえる

といったコメントがスタッフから上がり今回の受賞となりました。


そしていよいよベストスタッフ賞です。ベストスタッフ賞は皆さんの投票で決定した優秀賞と最優秀賞があります

まず

優秀賞は・・・・衛生士木下さんです!
今年はセミナー本当にお疲れさまでした。行動力のある木下さんのおかげで新た
な試みをたくさん取り入れることができました。素晴らしいアイデアの数々をありがとうございました。
スタッフからの感想です

・今年は実践会セミナー本当にお疲れさまでした
・医院のために良いことをたくさん取り入れてくれた
・朝誰よりも早く来ている。すごい!

いよいよスタッフ投票によるベストスタッフ賞最優秀賞の発表です

最優秀賞は・・・衛生士野田さんです!
まずスタッフからのコメント
・野田さんはP処置やフロスのことをはじめ、なんでも進んで動いてくれて勤務時間外でもすごく頑張っていた。
・前向きに取り組む姿勢は周りのスタッフにも良い影響を与えていると思います
・率先して提案、意見を言ってくれるのでリーダー的な存在感があります

野田さんは皆さん納得のベストスタッフ賞でした。私も野田さんのとにかく一生懸命患者さんやスタッフのために考え、行動してくれる姿に心を打たれました。来年もさらなる成長に期待したいです。

こうして改めて見直してみるとスタッフあっての星谷歯科医院なのだなあと改めて思います。今年も共に頑張ってくれたスタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

また星谷歯科の患者さんにおかれましては今年一年お世話になりました。

毎回しっかり定期検診に通ってくださる患者さん。
こちらのアドバイスを忠実に守りお口の健康を一緒に真剣に考えてくださる患者さん。
治療が終わるまで長い期間をかけて辛抱強く通い続けてくださった患者さん。

今年1年間、歯科診療を円滑に行うことができましたのは、患者さんにご予約の時間通りにお越しいただくことにご協力いただいたことに他なりません。
院長はじめ、スタッフ一同心より感謝申し上げます。
来年もより良い歯科医療のご提供と心地よく楽しい空間づくりを目指して研鑽いたします。
引き続き星谷歯科医院をよろしくお願いいたします。
それではみなさま良いお歳をお迎えくださいませ。

 

2017-12-26 16:32:58

第18回ステラコートクリスマスコンサート

こんにちは、藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
今日はクリスマスイブ。今日明日は一年で最も華やかでワクワク楽しい2日間ですね^^
さて昨日12月23日に星谷歯科医院待合室にて第18回ステラコートクリスマスコンサートを開催いたしました。

プログラムは
第1部 演奏:エリック フクサキ

第2部 公演:『カンボジアに魅せられた私達』

第3部:院長『ハハハの話』
    歯科衛生士講演

第1部エリック・フクサキさんのコンサート
エリックさんはペルー生まれ(26歳)南米歌謡4つの大会で優勝。2009年歌手になることを志し日本へ単身来日し活躍されています。
今日のコンサートではオリジナルソングやカバー曲、そしてクリスマスソングの数々。
そして皆さんのリクエストの演歌まで披露してくださるレパートリーの広さ。
10月14日にリリースされた飾らない歌では楽しい振り付けも加わり、とても盛り上がりました。エリックさんの素敵なギターと圧巻の歌唱力に魅了される素敵なコンサートとなりました。

第2部『カンボジアに魅せられた私たち』
カンボジア在住歴25年。現地法人ピースインツアー・アンコール社の代表。カンボジアに住む日本人で知らない人はいないというほどの有名人、、大塚めぐみさん。今回はそのめぐみさんに絶大な信頼を受け後継者となった佐々木愛さんに魅惑のカンボジアの世界を紹介していただきました。
カンボジアと聞いて私たちが真っ先に思い浮かべるのはアンコールワットですが魅力はそれ以外にもたくさん!
国家の歴史から日常生活、カンボジアの方々が尊敬する僧侶や神秘的な神々の話まで私たちのまだまだ知らないカンボジアの魅力をたくさん紹介していただきました。そして最後にはカンボジアの歌を披露していただき楽しいひと時となりました。

第3部
当院は歯科医院ですのでもちろんしっかり歯についての講演をさせていただきました。
①院長講演
『ハハハの話〜口から始まる健康〜』
外界と体内をつなぐ入り口となる大切な臓器『口』。
そんなお口と健康について幅広くお話しさせていただきました。
お伝えしたいことがありすぎて長〜くなりますので内容に関してはまた別の機会にお話させていただきます。

②衛生士による講演

・口の乾燥と虫歯や歯周病の関係について
先日ブログでもお話した通り、冬はお口の中が乾燥します。それによりお口の中では病原菌が大変繁殖しやすい状態になっています。その結果普段よりも虫歯や歯周病が進行しやすくなります。お口の乾燥を防ぐのには様々な方法がありますが、今回の講演ではお口の潤いに一番大切な唾液について、またご自身で出来る唾液腺のマッサージ方法について実演させていただきました。

・『あいうべ体操』
先日テレビでも放送されたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
現在口呼吸をする人が増えていますが、口呼吸によって、さまざまな人体に不都合な症状が出現します。
先程お話しした口の中の乾燥もその一つです。その予防と鼻呼吸を促すために「あいうべ体操」注目されています。
口を閉じることでアレルギー性疾患、関節リウマチ、うつ病、うつ状態、全身倦怠、腸の疾患、虫歯、歯周病、歯列不正、口臭などが改善される症例があるそうです。
今回はこの『あいうべ体操』をみなさんと楽しく行いました。
あいうべ体操に関しましても詳しくはまた別の機会にアップさせていただきますね。


第4部
プログラムにはありませんでしたが急遽、コーラスクラブ『LaLa』のみなさんと会場の皆さんとで『赤鼻のトナカイ』『聖しこの夜』の大合唱!
クリスマスコンサートらしい、楽しい締めくくりとなりました。

今年もお天気に恵まれとても楽しいイベントとなりました。
来年もまたさらに楽しいコンサートを企画したいと思います。
このコンサートを一緒に楽しんでくださった皆さん、ご来院本当にありがとうございました。





     

2017-12-24 11:50:00

噛むことの重要さ

ある研究によると、健常者の高齢者の残っている歯数が平均14.9本に対して
認知症の疑いのある高齢者の歯数は9.4本でした。
さらに調査を希望した健常者と認知症の疑いのある高齢者の脳をMRIで撮影し、
残っている歯数と脳の容積との関係を調べた結果、歯数の少ない人ほど
脳の中にある海馬付近と前頭葉のようせきが減っていることがわかりました。
海馬は物を食べる時に様々な情報を大脳を経て短期記憶として保存する部位です。
また入れ歯の患者さんが病気などで入院し、入れ歯を外したままでいると
寝たきりになり、認知機能が低下することなどが多々見られるそうです。
そうした患者さんに入れ歯を作り、嚙めるように調整すると症状が改善したという
報告が数多くあるます。

よく噛むことで様々な効果を生むことが知られてます。
その一つとして噛むことの刺激によって脳血管が拡張し脳の血流量が
増加します。さらに噛むことにより唾液中に分泌されるパロチンには
子供の発育促進や大人の
老化防止の働きがあり、結果的に認知症の予防につながります。

いつまでも健康的に食事がしたいとは誰もが思うことです。
星谷歯科医院は『当院で治療した歯は一生もってほしい』
と願って治療しております。
その願いが少しでも叶えられますようにお手伝いさせていただきます。

2017-12-19 15:09:13

ステラコートクリスマスコンサートのお知らせ

こんにちは、湘南台の星谷歯科医院です。
早いもので今年も残り1ヶ月ですね。
みなさま体調管理は万全でしょうか。

本格的に寒くなったせいか、最近は患者さんでも風邪をひいてらっしゃる方が
多いように思います。
いつもしっかりお約束の時間にいらしていただき予定通りの治療を受けていただく。
患者さんのご協力で円滑に診療が進んでおります。
これは私達歯科スタッフにとってはたいへんありがたいことです。

でも歯科治療はお口の中で水を出してクリーニングしたり削ったり、型取りしたり。
咳などで治療がお辛い時は無理なさらずにご連絡をいただければと思います。
やはり歯科治療は少なからずストレスのかかる行為です。
万全な体調でいらしてくださいね。

さてさて、昨年大好評でしたクリスマスコンサートの開催が今年も決定いたしました。
開催日時:平成29年12月23日(土)
     13:00〜15:00
場所:星谷歯科医院待合室

先着40名様限定です。事前にご予約をお願いいたします。


第1部 演奏:エリック フクサキ
ペルー生まれ(26歳)南米歌謡4つの大会で優勝。2009年歌手になることを志し
日本へ単身来日。
2017年8月、初のカバーアルバム『ある恋の物語』発売
10月14日3rdシングル『飾らない歌』発売

第2部 公演:『カンボジアに魅せられた私達』
カンボジア在住歴25年の大塚めぐみさんの旅行会社を引き継ぐ佐々木愛さんが
魅惑のカンボジアの世界をご紹介。

第3部:院長『ハハハの話』
    歯科衛生士『予防の話』



今年18回目を迎えますステラコートコンサート。
今まで中庭で開催することが多かったのですが、昨年歯科医院のリニューアルを機に
初めてクリスマスに、待合室で行いました。
昨年はモンゴルの遊牧民出身のゾリゴーさんによる珍しい馬頭琴の演奏の後、
遊牧民の生活など興味深いお話を聞かせていただきました。

そして院長も予防に関しての公演をさせていただきました。
今や歯周病や虫歯の予防の大切さは周知の事実。
星谷歯科医院でも日々診療の中で患者さんにお伝えしていますが、
ここでは歯を失うことで生じる生活のリスクや
健康寿命、認知症のお話まで一歩踏み込んだお話をさせていただきました。

またパッチテストによる虫歯リスクの簡易的な検査など、
聞いてためになる、やって楽しい、そして素敵な楽器の演奏で癒される
盛りだくさんのイベントになったと思います。

そんなクリスマスコンサートを今年も開催できますこと、
心から嬉しく思っています。

当日の皆さんの笑顔が準備の励みになります。
クリスマスだけでなくこれからもワクワク楽しい歯科医院で
あるよう院長はじめスタッフ一同頑張ります。

当日は着席スタイルですので座席の関係上、40名様限定の
予約制とさせていただきます。
ご予約は当院受付までお声掛けいただくか、
0120-648-174までお問い合わせください。

 

2017-12-02 11:42:04

大丈夫ですか?お口の乾燥。

こんにちは、藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
めっきり寒きなりましたが、皆さん体調管理はいかがでしょうか。
ご報告が遅くなりましたが、先日熱海から船で30分。初島に研修旅行にいってまいりました。
歯科の現場ではチームワークが命!
チームワークにはかなり自信のある星谷歯科医院スタッフ一同ですが、
さらなる連携を深めるためにしっかり研修をしてまいりました。
当日はホテルの会議室を借りて勉強会やワークを通してのチームビルディングをし、
充実した研修旅行となりました。
この研修で半日ほど休診させていただき患者さんの皆さんにはご迷惑をおかけしましたが、
研修で学んだことをより良い診療のために日々還元できればと思います。

  

さてさて、この時期のお悩みの一つ、空気の乾燥。
今までと同じお手入れをしていてもお肌はカサカサになりやすいのを実感します。
特にお子さんのお肌は敏感。我が家ではお風呂上りに保湿剤を塗っても追いつかず、夕方には
カサカサなんてこともしょっちゅうです。
朝お出かけ前にもしっかり保湿することが辛い乾燥の時期をトラブルなく乗り切るのに必要かもしれませんね。

この乾燥、お口にはどんな影響が考えてみましょう。

皆さん臓器というと何を思い浮かべますか?
一般的には心臓や肺、腸などがすぐにイメージされるのではないでしょうか。

実は口腔内も『臓器』という位置付けです。
以外ですよね?

口腔内は体内で唯一外と直接繋がっている臓器です。
皆さん、心臓や肺、腸などが直接外界と繋がっていたらゾッとしますよね。

大事な臓器の一つ、口腔内は空気の乾燥の影響をもろに受ける過酷な環境にあるのです。
そして、体内に有害が病原菌が入ってしまう入り口ともなりますし、逆に病原菌から体内を守る
最後の砦ともなります。

この砦となる上で重要なのが唾液!

唾液は、菌を洗い流し口腔を清潔に保つ役割を果たします。
また普段私たちが食事をしたり、おしゃべりする上で必要なのは、健康な歯、舌、ほっぺたの粘膜。それらが絶妙なバランスでしっかり動くこと。その大事な潤滑剤となるのは唾液です。

冬は、寒さから筋肉の硬直や、血行不良になりやすく、唾液減少につながります。
それに加え、空気の乾燥により、口腔内も乾燥しやすい状況となります。
そうなると粘膜が円滑に動きづらくなりますし、様々な菌が直接体に入ってきてしまい、免疫が落ちやすい冬に様々な感染のリスクをもたらします。


お口の乾燥対策として有効なもの

・鼻で呼吸する:口呼吸だとやはり乾燥が進みます。もし鼻づまりなどで鼻呼吸が難しい場合は
マスクをしてお口の周りの湿度を上げるのも効果的です。

・唾液腺のマッサージをする

・ガムを噛む:よく噛むことで唾液が分泌地されやすくなります。しかしガムならなんでもいいとうわけではありません。お砂糖たっぷりのガムを長時間お口の中で噛み続けると虫歯リスクがどーんと上がってしまいます。キシリトール100%のものがオススメです。

・口腔保湿用のジェルを塗る:上記の方法を試しても改善しない方や、ひどい乾燥の方、唾液が出づらい方は乾燥防止の保湿ジェルを塗ると良いでしょう。


いかがでしょうか。今回はお口の乾燥に関してお話させていただきました。
しかし、お口の乾燥は、冬の乾いた空気だけが原因とは限りません。
人によって原因は様々です。
加齢と共に唾液の分泌や軽度の口腔乾燥は起こりますが、 他にも、腎臓の機能の低下、糖尿病、薬剤の副作用の場合、そしてシェーグレン症候群という自己免疫疾患の場合もあるため、安易に判断せずまずは歯科や医科に相談される事が大切です。

寒い冬はとくに筋肉が硬直しやすい上、 ストレスによっても口腔乾燥は起こります。 いまいちど、生活リズムや食生活の見直しもいいかもしれませんね。




 

2017-11-28 11:57:51

大切な『お子さんの後磨き』。

こんにちは。藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
ハロウィンも終わり次のお楽しみはクリスマス!
今年もクリスマスデコレーションを始めました。

今年はキッズスペースに新しいキャラクターが登場です。
ふわふわの雪だるまにサンタさん。
楽しい仲間たちがお待ちしております。ぜひ会いにいらしてくださいね^^

さて、今日はお子さんの歯磨きについてお話しさせていただきます。
最近は予防歯科の考え方が普及したことと、保護者の方々のご協力もあり
お子さんの虫歯が少なくなってきました。本当に喜ばしいことです。

なんでも美味しく食べられるお口は健康への第一歩!
虫歯のない健康な歯を今後もずっと保っていくには、ご存知の通り、
歯磨きが欠かせません。

以前ブログでもお話ししましたが、最低でも小学校低学年までは、
保護者の方の後磨きがとても大切です。

とはいえ、お話がしっかりわかるようになるまでは後磨きも大変。
特に歯が生え始めてから、3歳くらいまではなかなか嫌がって磨かせてくれない
といったご相談も多々受けます。

小さいお子さんはとても気まぐれ。
何かに夢中になっている時に歯磨きを無理やりしようとすると不機嫌になってイヤイヤスイッチを押してしまうこともありますよね。

ですのでタイミングを見て後磨きを始めるのも大切です。
また少しお話しがわかるようになってきたら、
『もう少しで歯磨きの時間だよ〜』と声かけしておくのも効果的です。

そしてこの時期大切なのは、歯磨きに興味を持ってもらうこと。

私が我が子に実践して、おすすめな習慣は
『お父さんやお母さんなど身近な大人が、楽しそうに歯磨きをする姿を見せること!』

小さなお子さんは大人の真似っこが大好き。

歯ブラシに興味が出てくると自分で歯ブラシを持ちたがります。
それが歯磨き習慣の初めの一歩です。

でも
その時に必ず注意していただきたいことがあります。
歯ブラシを持って歩いたり走ってりさせないこと!

近年、歯ブラシをくわえたまま転倒することでのどに歯ブラシが刺さってしまう
『歯ブラシによるのど突き事故』が増えています。
必ず保護者の方の監視のもとで歯ブラシを使用してください。

最近はのど突き事故防止のリングが付いている歯ブラシもありますので、そう言った商品を
使うのも安全策の一つです。

ぜひ安全で楽しい歯磨きタイムをお子さんと過ごしてくださいね^^

さて星谷歯科医院に親子で通ってくださる患者さんもたくさんいらっしゃいます。
歯科医院ですので受診されたお子さんとお母さんにはもちろん歯中心のお話しをさせていただくのですが、
みなさんに共通すること、それは
『子育て中のお母さんは毎日本当に忙しい。お子さんも塾や習い事で本当に忙しい。』
これに尽きます。

歯のこと以外にもやらなければならないことはたくさん、
一生懸命なあまり疲れ切ってらっしゃるお母さん、本当に心配です。

そんな頑張るお母さんに・・・

歯磨きのことを真剣に考えていただくことは本当に大切ですし、ありがたいことです。
私も今現在2歳児の母として日々虫歯のできない環境づくりに奮闘していますが、
イヤイヤ期真っ只中の我が子の歯磨きには、他のお母さん同様手をやくときもしょっちゅうです。
歯の専門家ですら悪戦苦闘ですから、あまり肩肘を張りすぎずに^^

お子さんの歯磨きとは長いおつきあいになります。気長に楽しむことも心がけてくださいね。
すこーし歯磨きが楽になりますよ^^

お子さんの歯のこと、ご自身の歯のことなんでもご相談ください。
きっとお力になれることがあると思います。

   

2017-11-14 11:19:19

『セレック』ランチョンセミナー

皆様こんにちは。藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
いい季節がやってきました^^
梨やぶどう、キノコにさんま、そして待ちに待った新米・・・

健康なお口で旬なものを美味しく!
できればあまり手を加えすぎず素材を生かして。

よく噛んでよ〜く味わって、美味しく食べていただきたい!

そんな幸せな時間は健康なお口であってこそ。
快適なお口を維持していただけるようスタッフ一同引き続きお手伝いさせていただきます。

さて先日お昼ご飯を食べならの勉強会(ランチョンセミナー)を行いました。
当院では新しい技術を導入する際や、知識のさらなる向上のため度々こういったセミナーを開催しています。

今回のテーマは『セレック』。
セレック?初めて聞いた方も多いと思います。

セレックを簡単にご説明します。

医療先進国ドイツで開発された最先端の歯科技術で、お口の中を機械でスキャンし、コンピューター制御でセラミックの
被せ物や詰め物を削り出す画期的なシステムです。

まだ全国でもこのシステムを行っている歯科医院は少ないのですが、
当院はこの10月から導入いたしました。

このセレック、従来のセラミック治療との大きな違い、それは

①スキャニングでデータを読み込むため型取りの必要がない
②麻酔をして歯を形成、装着まで最短60分程度。即日入れることが可能。


従来の方法は
印象(粘土のような材料で型取りする)→模型を作り技工所へ送る→技工士さんが被せ物を製作
→出来上がったものを歯科医院へ送付→患者さんへ装着。
ここまでで短くても1週間はかかっていました。

セレックですと型取りが必要なく、歯科医院内で直接作成できるため大幅に時間を短縮できます。
そして何より歯を削りだしてからできるだけ早く被せ物を入れることで、仮の詰め物で過ごす期間が減り、削った歯の細菌感染を極力抑えることができます。

お急ぎの方に早く歯を入れて差し上げることができるのはもちろんですが
歯を感染のリスクから守る上でとても優れた治療法です。

さて、何かしらの理由で虫歯ができてしまい、治療を受けることになった際、
当院ではその歯に何を被せるか、何を詰めるか、様々な治療法をご説明し患者さんご自身に選択していただいています。

奥歯の詰め物の場合
オールセラミックインレー(その名の通り素材が全てセラミックのインレー)
エステニアインレー(セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材でできたインレー)
ゴールドインレー(金属の中でもアレルギーの起こりにくいゴールドでできたインレー)
保険のメタルインレー(様々な金属を合わせた銀合金でできたインレー)

それぞれ利点欠点があります。
詳しくは当院ホームページ http://www.hoshiya.net/original16.html をご参照ください

私がもし虫歯になってしまったら(しっかり予防をしていますのでそんなことはありませんが)・・・
間違いなくオールセラミック治療を選びます。白く美しいのはもちろんですが、
歯科医師の私として最も重要なことはそこではありません。

保険の銀歯で一番懸念されるのがやはり二次カリエス(治した歯が再度虫歯になってしまうこと)。

銀歯は歯との合着が弱く経年的に見ると銀歯と歯のキワに亀裂ができ、そこから細菌が入り込んで
再び虫歯になってしまうのです。せっかく治したのにまた削るなんて・・・
治療した歯が健康な状態をどれだけ長くキープすることができるか。
それによって歯そのものの寿命が大きく変わってくるのです。

『できるだけ削らない・できるだけ抜かない』
『当院で治療した歯は一生もってほしい』

そんな想いで、星谷歯科医院の歯科医師、衛生士は日々治療を行っていますので
虫歯が再発する→神経を取る→歯が脆くなる→歯の寿命が短くなり抜歯に至る
こんなに悲しいことはありません。

さらに保険の銀歯は様々な金属が混ぜ合わさった合金であり、金属アレルギーの心配もあります。

体に金属イオンが蓄積されることによって発症のリスクが高まる金属アレルギー。
ピアスやネックレス、腕時計などでかぶれてしまう方がいらっしゃることは
みなさんご存知かと思いますが、お口の中の金属が原因となることもかなり多いのです。

考えてみれば常に唾液で湿っているお口の中に自分では取り外しのできない金属が入っている。皮膚の表面につけるだけで
反応してしまうピアスやネックレスより明らかに有害なのは想像できます。
溶け出した金属イオンは体にとって有害な敵。銀歯と接している歯茎も炎症を起こし、次第に退縮していきます。

セラミック治療は極めて体に優しい素材で金属を使用しないため、もちろん金属アレルギーの心配はありません。

こういった経緯を考えると、セラミックの美しさは私にとってはむしろおまけのようなもの。
虫歯になりづらいということが最大の魅力です(もちろんご自身のセルフケアがあってこそです!)
このセラミック治療がさらに短時間で装着できるとなったらこの方法が最善。
私だったらセレックを選びます。

とはいえお口の状況によってはセレックはじめセラミック治療をできないケースもありますので、
ご自身に合った治療法は何か、お気軽にご相談ください。










 

2017-10-10 13:02:16

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5