湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:30 午後 14:00~18:00 休診日 水曜・日曜・祝日

ブログ・コラム

 

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  hoshiyaブログ

hoshiyaブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

新型コロナウイルスに対する当院の対応






 

2020-08-03 13:26:15

お口の健康体操でインフルエンザ予防

乾燥した季節になり本格的にインフルエンザの流行時期になりました。お口の中が乾燥している場合ウィルスなどが喉や舌に付着しやすく、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。特にインフルエンザウィルスは乾燥に強く、お口の乾燥を招く口呼吸の人に多いと言われています。本来、舌は口を閉じた時に口腔の上あごにぴたりと付き、舌先が上の前歯の裏側の歯茎に触れるか触れないかくらいの位置で収まるのが正しい状態です。しかし、最近は高齢者だけでなく、固い食べ物を食べる習慣が減ったことなどから若年層でも舌筋が衰え、舌が下あごに垂れて舌先が下の前歯に付いてしまっている人も多く見られます。
舌筋を鍛え、舌が上あごにぴたりと付くようになると、口からの呼吸の道が閉ざされ、自然と鼻呼吸ができるようになりますし、ふだん使っていない口まわりの筋肉を動かすことで表情が豊かになり、加齢による頬のたるみが改善するなど、女性にとっては嬉しい美容効果もあると言われています。
口の健康体操の一つとして「あいうべ体操」というものがあります。これは福岡市のみらいクリニックの今井一彰院長が考案したお口の体操で誰でも簡単にできて特別な道具も要りません。具体的には
①  大きく口を開けて「あー」
②しっかりと口角を引き上げて「いー」
③タコのように唇を突き出して「うー」
④舌を大きく前に出す「べー」
無理のない範囲でそれぞれの動きを3秒かけてゆっくりとキープし、全部で5-10回繰り返します。1日に30回(例:朝・昼・夜ごはんの前に10回ずつ)を目安に繰り返すと、早い人なら3週間ほどで、舌の位置が上あごにぴったりつくようになります。ある小学校で3年間実施したところインフルエンザの罹患率が38%からなんと6%に減少したという報告もあります。
これからも星谷歯科医院は患者さんのお口を健康にするお手伝いをして、その結果患者さんがいつまでも若々しく、美味しく食事ができればと思っております。

院長:星谷雄太

2020-01-04 21:51:00

第20回ステラコートクリスマスコンサートのお知らせ

みなさんこんにちは。湘南台の歯医者さん星谷歯科医院です。
11月も後半に入り、そろそろ師走の足音が聞こえてきました。
空気が乾燥し、気温も急激に下がるこの季節。体調を崩される方も多いと思います。
また今年はインフルエンザの流行も例年に比べ早いと予想されています。
皆様体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね。

さて外気も水道水も冷たいこの時期のお口のお悩み『知覚過敏』。
歯がしみる原因は様々ですが、その一つに歯肉の退縮があります。健康な歯肉でも加齢によってある程度起こるため残念ながら確実な予防法はありません。しかししみやすい歯と歯茎の境目の退縮を防ぐには歯周病の予防に努めることと、歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯みがき法をしないことが大切です。また知覚過敏と同じような症状は、むし歯がある程度進行した場合にも見られます。ご自分では知覚過敏なのか、むし歯などによる痛みでなのかは分かりにくいので、気になる方は定期検診の際ご相談ください。

今回は知覚過敏のお話をさせていただきましたが、この時期のお楽しみ。クリスマスが近づいてきました。
街もイルミネーションやクリスマスのデコレーションが日々日に増え、一年で最も華やぐ季節ですね。

星谷歯科医院では今年もステラコートクリスマスコンサートを開催いたします。毎年ご好評いただき今年で20回目の開催となります。
この素敵な季節、雅な篠笛(そのぶえ)のミニコンサートと院長、歯科衛生士による『歯のためになるお話』で素敵なひと時をお過ごしいただければと思います。
開催日時:2019年12月22日(日)13:00~15:00
場所:星谷歯科医院待合室
無料
先着40名さま
必ずご予約をお願いいたします
予約:0120-648174(むしば1本もなし)

2019-11-25 14:43:02

マイナス1歳からの虫歯予防

みなさまこんにちは。
藤沢市湘南台の歯医者さん星谷歯科医院です。
先日当院のチーフ衛生士大島が産休に入りました。

彼女の『はつらつとした元気な声と素敵な笑顔』は星谷歯科の元気印!
しばしのお別れに寂しい気持ちを噛み締め、スタッフみんなで『行ってらっしゃーい!』元気に送り出しました。
健やかで元気なベビーちゃんの誕生が楽しみです。

さて『マイナス1歳からの虫歯予防』ということばをご存知でしょうか。
赤ちゃんが生まれる前から、ご家族のお口の虫歯菌を減らし、赤ちゃんへの虫歯菌をできるだけ遅くする。
これが、『マイナス1歳からの虫歯予防』です。
赤ちゃんのお口には生まれた時はむしば菌にはいません。
お口の中の細菌層が決まるのは3歳前後までと言われており、一番近くにいるご家族からむし歯菌は感染します。
パパやママからのスキンシップや箸渡しなど、だ液を介して虫歯菌(ミュータンス菌)がうつるのです。

ですから子育てをするパパママだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんのお口にむし歯菌が多いと、早くから赤ちゃんに感染してしまいます。

そのためには、虫歯菌の感染をできるだけ遅くするためにはご家族のお口の健康が非常に大事です。

とはいえ、子育て真っ最中のお母さんは多忙を極めます。
お口の健康のために、良いとわかっっていても実行できないことはたくさんあります。
知識があっても、お箸やスプーンの共有をしてしまうのが現実ですし、何でもお口に入れたがる時期の赤ちゃんは気をつけていても、知らない間に大人のスプーンをペロリ、なんてこともしょっちゅうです。
また虫歯の元のお砂糖の制限も完全にコントロールするのは難しいのが現実です。
そこで、虫歯予防の方法の一つとして、
キシリトール100%のガムやタブレットをお勧めします。岡山大学の仲井雪絵先生の妊婦さんを対象とした研究により、妊娠中よりキシリトール100%のガムを摂取していたお母さんのお口には虫歯菌が住み着きにくくなる事がわかりました。
むし歯になりにくいお口に育てることは、お子さんにとって何よりの贈り物ですよね。
詳しくは当院歯科衛生士にご相談ください。

 


 

2019-10-17 11:50:53

星谷歯科医院40周年

みなさんこんにちは。藤沢市湘南台の歯医者さん。星谷歯科医院です。
今年の梅雨は例年になく長かったですね。涼しい日も多く、雨とはいえど過ごしやすい陽気でした。しかしここからが夏本番!
夏に流行る3大夏風邪の一つ、『手足口病』
風邪というと、寒い時期にひくものというイメージがありますが、暑い夏でも風邪をひくことがありますよね。

それは、インフルエンザウイルスのように低温低湿の環境を好むウイルスがいる一方で、高温多湿の環境を好むウイルスもいるからです。高温多湿時に元気になるウイルスが引き起こす風邪が、いわゆる夏風邪です。
手足口病とは、そのインパクト大の名のとおり、手のひら、足の裏、口の中に痛みをともなう発疹が現れる夏風邪です。
手足口病にかかるのは乳幼児が多いので、お子さんを持つ子ども親御さんにはよく知られた病気です。
しかし、子どもだけがかかるのでなく、大人でもかかるので注意が必要です。

口の中の発疹は口内炎と同じような感じなので、「口内炎ができたなあ」と思っていたら実際には手足口病だった、ということもあります。ただし口だけでなく、手足の発疹も認められないと、手足口病という診断はつきません。夏期に次のような症状が見られたら、手足口病かもしれません。

* 口内炎ができており、よく見ると手や足にもうっすら発疹のようなものが出ている
* 口の中が痛く、熱がある
* なんだかよくわからない発疹が、手足やほかの箇所に見られる
* 風邪の前触れのような悪寒がある
* 全身がだるい
* 関節痛や筋肉痛を感じる

異変を感じたら、早めに医療機関に受診しましょう。

さて、今年で当院は開院41年となります。
患者さん、地域の方々、スタッフ、当院に関わっていただいた全ての方のお陰です。心より感謝申し上げます。

それに伴い、去る6月30日星谷歯科医院40周年記念パーティを行いました。
新旧スタッフが一同に会し、懐かしい話、近況報告、これからの歯科医療の話で盛り上がりました。

そんな中で、とても嬉しいことがありました。

30年程前ご勤務いただいていた市川先生から星谷歯科医院のモットー
『痛くしない、削らない、抜かない』のお話がありました。
退職されて、長い時間が経っても今も変わらぬ当院の核を心に留めてくださっていたのです。

温故知新。過去と未来をつなぐ。人と人を結ぶ。
これは私たちの大切な役割です。

この40年の歴史を一緒に作り上げてくれたOBスタッフ、現在の星谷歯科医院を日々笑顔いっぱい盛り上げてくれている現役スタッフ、たとえ面識がない新旧スタッフでも、それぞれの中に当院のDNAがしっかり受け継がれているのだと実感しました。

そして当院の大事な宝物のスタッフたちが、院長に素敵な素敵なプレゼントを準備してくれました。

40周年記念パネル
前理事長・現理事長の似顔絵アート
サンドアート
スタッフからのお花

大切なスタッフからの温かな贈り物。何よりもその心が本当に嬉しくて嬉しくて、理事長は終始目尻が下がりっぱなしでした。

 

 











 

2019-07-20 10:19:22

ムシバ予防月間

みなさんこんにちは。藤沢市湘南台の歯医者さん、星谷歯科医院です。6月4日は虫歯予防デー。
それにちなんで、6月は虫歯予防月間です。当院では毎年恒例、6月は口腔ケアグッズ全品20%オフ!!!

待合室に星谷歯科医院スタッフ一押しのケアグッズを、パネルにてご紹介させていただいています。
ご愛用いただいている商品も、気になっていたあの商品も。ぜひチェックしてみてくださいね^^

 

さて先日、NHKのためしてガッテンで『虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法』が放映されました。
ご覧になった方もいらっしゃると思います。

気になる内容は
①虫歯予防の強い味方!歯みがき粉の“フッ素”
②スウェーデンで発見!新★歯みがき法
③歯の健康を守る!「プロケア」のすすめ

見逃した方に向けて解説させていただきますね。

①虫歯予防の強い味方!歯みがき粉の“フッ素”
日本で初めてフッ素配合の歯みがき粉が登場したのは昭和23年のことです。そして今では9割の歯みがき粉にフッ素が配合されています。お使いの歯磨き粉の商品の原材料名に「フッ化ナトリウム」または「モノフルオロリン酸ナトリウム」と記載されていればフッ素が配合されています。
そもそも虫歯は、食べ物や飲み物に含まれる糖質をエサに、ミュータンス菌などの虫歯菌が酸を作り出し、その酸が歯に含まれるカルシウムなどを溶かしてしまうことで発生します。
しかしカルシウムが溶け出してもすぐに歯が溶けて穴があくわけではありません。
唾液に含まれるカルシウムなどが歯を修復します。これは再石灰化と呼ばれています。このときフッ素が唾液中などに含まれていると、再石灰化が促進されます。さらにフッ素が唾液中のカルシウムなどと反応して酸に溶けにくい物質を作り、その物質で歯の表面がコーティングされたような状態になります。すると虫歯菌が酸を出しても、歯が溶けにくくなる、というわけです。

②スウェーデンで発見!新★歯みがき法
1995年にスウェーデンの研究者たちは“イエテボリ テクニック”と呼ばれる新たな歯みがき法を発表しました。実験によると、通常の歯みがき方法と比べて虫歯の予防効果が40%以上高いことがわかったそうです。その最大の目的は、歯みがきの後に口の中にフッ素を残すこと。そのポイントは?
ポイント1
フッ素配合の歯みがき粉をたっぷりと使う(目安は2cm)
ポイント2
歯全体に歯みがき粉が行き渡るように意識して2分程度歯みがきを行う
ポイント3
口の中の泡などをしっかり吐き出したあと、口をゆすがない
ポイント4
歯みがきのあと、2時間飲食をしない(最低でも30分)

※ただしイエテボリ テクニックの適応年齢は12歳以上です。

③歯の健康を守る!「プロケア」のすすめ
スウェーデンでは多くの人が、虫歯でなくても、定期的に歯科医院を訪れると言います。目的は歯科衛生士による「プロフェッショナルケア(通称プロケア)」を受けること。もちろんプロケアは日本の歯科医院でも受けることができます。
虫歯や歯周病を引き起こす細菌は、口の中にたまったプラークをすみかにしています。歯科衛生士は特殊な器具を使い、ふだんの歯みがきではなかなか取りにくい、歯と歯ぐきの間にたまったプラークも丁寧に取り除いてくれます。プロケアを受けると、虫歯や歯周病のリスクが大きく減ると言われています。

いかがでしょうか。

こういった番組だけでなく、新しい歯科のトピックスが上がると、当院としての見解はどうか。必ずみんなで話し合います。

①虫歯予防の強い味方!歯みがき粉の“フッ素”
③歯の健康を守る!「プロケア」のすすめ

これは以前から星谷歯科医院でも患者さんに直接、またはそのほか様々な媒体を通してお伝えしています。

しかし
②スウェーデンで発見!新★歯みがき法
に関してはどうでしょうか。

これは確かにスウェーデンでの長期間の追跡調査に基づく、とても素晴らしいブラッシング方法です。しかし日本で市販されている歯磨剤の多くには、粒子の非常に荒い研磨剤が入っています。歯科医院専用で販売されているものは研磨剤が入っていなかったり、研磨材の歯面への影響がほぼ無視できるものもあるので、もしイエテボリ テクニックを取り入れるのであれば、できれば研磨剤が入っていないものをお勧めします。

では、当院で一番オススメの方法は?

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシでしっかりプラークを落とした後、フッ素配合洗口材を30秒以上口に含み吐き出した後、30分以上飲食、うがいをしないことです。

これが今の日本では一番理に叶った上々だと、当院は考えます。

『なんでも美味しく食べられるお口は健康への第一歩!』
6月は虫歯予防月間。
雨で外に遊びに行けない日もありますが、そんな日は季節の素材を生かした昔ながらのおやつを作ってみたり、いつもよりちょっぴり長めに歯磨きタイムをとってみたり・・・
食育やお口の健康について考えていただくのもいいかもしれませんね^^

2019-06-09 14:45:52

ストレスでも発症『味覚障害』

みなさんこんにちは、藤沢市、湘南台にある歯医者さん、星谷歯科医院です。
さて4月は入園入学に新入社。ウキウキワクワク楽しみなことも多い反面、実は環境の変化に付いて行こうと心と体がストレスを受けていることも。

今日はストレスが引き起こすお口の中の変化のひとつ、”心因性味覚障害”についてお話しします。

普段の食事で 味覚がおかしくなったり、味を感じなくなってしまうことを「味覚障害」といいますが 、その中でもストレスが引き金となって起きるものを「心因性味覚障害」と言います。
 
心因性という名前のとおり 心理的・精神的なものが原因によって発症する味覚障害です。
 
味覚を正常に保つために欠かせないのが 体内にある「亜鉛」。
ストレスによってこの亜鉛が不足してしまいます。
ストレスがたまると 体内に「活性酸素」という体を錆び付かせる酸素が発生し、活性酸素を除去すべく「メタロチオネイン」というタンパク質が体内で作られます。
 
このメタロチオネインは肝臓で作られますが 合成に「亜鉛」が必要です。
本来体内で必要としている亜鉛が”奪われる”形になってしまい、結果「亜鉛不足」を起こし 味覚障害が起こってしまうというメカニズムです。
そのため毎日の食事の中で 亜鉛を積極的に補っていくことが必要になります。
 
亜鉛が多く含まれている食品は、
・牡蠣・赤身肉・卵・大豆類・アーモンド類などなど。

そして旬のものを取り入れたバランスの良い食生活を心がけましょう。

さてさて、2018年より産育休をいただいておりました歯科衛生士の藤田が、4月から本格復帰をしました。
おかげさまで育休を経て復帰してくれたスタッフが4名となりました。
育児も仕事も全力投球!パワーアップしたスタッフたちにどうぞご期待ください♪

2019-04-24 04:39:24

ひな祭りのお楽しみ♪

みなさんこんにちは、藤沢市湘南台にある歯医者さん、星谷歯科医院です。3月に入り少しづつ陽気も春めいてきました。
この時期は華やかでとてもだいすきですが、一方花粉症でお悩みの方も多い季節。
鼻が詰まると口呼吸になり、口腔内が乾燥します。また鼻炎症状を抑えるお薬には唾液の分泌が抑制されるものもあります。
潤いのなくなったお口の中は細菌が非常に繁殖しやすい状態です。水分の補給をこまめにしていただくのと同時に、唾液腺のマッサージなどを併用していただき、口腔内の乾燥を防ぐ工夫が必要です。

さて、3月といえば桃の節句。
前々回のhoshiyaブログで当院の雛飾りもご紹介させていただいました。
ひな祭りといえば・・・
星谷歯科医院のスタッフが毎年楽しみにしているのが、当ブログでおなじみのけいちゃんの『お手製ちらし寿司』
お料理上手なけいちゃんはよくランチタイムに手料理を差し入れてくれるのですが、特にお手製ちらし寿司はみんなの大好物!
今年も色とりどりの目にも美味しいちらし寿司にスタッフから歓声が♪
美味しい幸せな時間に午後の診療へのさらなるパワーチャージをさせていただきました。

さてそんなけいちゃん、実はひな祭りの前日、3月2日がお誕生日です。
開業41周年となる当院ですが、長きに渡りスタッフを温かく見守り、気遣い、落ち込むときは励まし、前へ前へと引っ張り上げてくれます。そしてスタッフがステップアップの兆しを見せると迷わず追い風となって全力バックアップ体制を取ってくれます。
まさにみんなのお母さん!
わたしも今年で勤続7年目となりますが、けいちゃんに日々支えていただき、背中を押されて今日があります。
いつも本当にありがとうございます。
どんなときも愛情に溢れ、人の2歩も3歩も先を見据え、即実行の精神、そしてワクワク楽しい心を忘れないけいちゃんから、日々多くの大切なことを学ばせていただいています。そんな環境にいられること、心から幸せです。
けいちゃんの周りにはいつも多くの人が集まります。もちろん当院のスタッフもみ〜んなけいちゃんのことが大好きです。これからも末長くよろしくお願いします。
お誕生日の花束をスタッフのみんなからもらったけいちゃん。
いつもに増してキラキラプラスのオーラが溢れていて、とっても素敵です^^

 

2019-03-06 15:52:00

『口内炎?』それとも『口腔がん?』

みなさまこんにちは。藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
2月も残りわずかとなりました。
数週間前は雪がちらつきましたが、湘南台駅西口から徒歩5分。星谷歯科医院から徒歩10分ほどの円行公園は梅が真っ盛り。
紅白の梅花が見事に咲き誇っています。
確実に春は近づいているのだなあとほっこりした気分になります。

さて、先日、女優の堀ちえみさんが舌がんを公表されました。
自分の病を公にする。大きな、そして非常に勇気のあるご決断だったと思います。

舌がんに注目の集まる今、皆さんにもぜひお口の中にできる癌『口腔がん』について知っていただきたく、この場をお借りしてお話させていただきます。


口腔の粘膜にできる主な病気を3つあげるとすれば、「口内炎(こうないえん)」、「白板症(はくばんしょう)」そして「口腔がん」。
それぞれのわかりやすい特徴をお伝えします。

<口内炎>
ヒリヒリと1週間ぐらいは痛くて食べにくいですが、口内炎用のステロイドの軟膏を処方で比較的に早く治癒します

<白板症>
白板症は、白色の板状ないし斑状の病変であり時にザラザラした感じになることもあります。
白板症の約1割ががんになるといわれています。治療は切除が一般的ですが、病状によっては定期的に経過観察する場合もあります。白色病変が拡大したり、濃くなったり、びらんを形成する場合は要注意です。

<口腔癌>
粘膜の表面がデコボコと腫れ上がったり,潰瘍ができたり、違和感を感じたら要注意です。 局所の粘膜を傷つけている歯があれば、歯の治療をします。炎症があれば薬で消炎しますが、それらの治療をして2週間以上たっても症状が改善しないと「がん」を疑います。

〜口腔癌の特徴〜
(1)病気の進行が速く、できもの(潰瘍、腫瘤)が速く大きくなる
(2)できものの周りが硬い
(3)周囲と癒着していて、境界がはっきりしない、
(4)他の部位に転移する、などのような共通の性質があります。

〜原因〜
喫煙と飲酒は口腔がんの発症リスクを高めます。う蝕(むし歯)や合っていない義歯などによる慢性刺激も原因として疑われています。また、前がん病変(正常粘膜と比べてがんになる可能性が高い病変)である白板症(はくばんしょう)から生じたと思われるものもみられます。

「口腔がん」は他の臓器に比べ直接肉眼で確認しやすく早期に発見しやすい「がん」です。早期に発見し適切に治療すれば、恐れることはありません。しかし、実は口内炎と鑑別しにくいものもあるのです。口内炎は原因を取り除けば必ず症状は緩解します。経過を追う際も私たちはまずは2週間を1クールとし、できものの大きさ、色、形、硬さを診察し、疑わしき場合はすぐに定型病院にご紹介させていただきます。口のなかに異常を感じたら、迷わず相談にいらしてください。

※当『hoshiya ブログ』では口腔がんのお写真の掲載は控えさせていただきますが、実際に写真で見るとセルフチェックの参考になります。院内にご用意しておりますのでお声がけください。

2019-02-24 20:21:55

寒さとお口のトラブルの意外な関係?!

みなさんこんにちは、藤沢市湘南台の星谷歯科医院です。
先日はここ湘南台でも雪が降りましたね。
子供達は大はしゃぎ、
年に数回の雪。雪が音もなくひらひら舞い降る様子は見ていて飽きないものですね。雪は好きだけど・・・積もらなくてホッとしました。
さて最強寒波到来!
朝晩だけでなく日中も体の芯から冷え込むこの2月如月(きさらぎ)。如月の語源は寒さで着物を更に重ねて着ることから、「着更着(きさらぎ)」とする説が有力とされているそうです。納得ですね。

寒いと人間は無意識に背筋を丸めて体の表面積を小さくします。外気に触れる表面積を減らし、血管を収縮させることでまず体温の発散を防ぎます。また体が震えるのは筋肉が内側から熱を作り出そうとしているから。人間の恒常性は本当によくできていますね^^

では寒さとお口や顎の関係はどうでしょうか。
顎がガクガクするのはこの筋肉の収縮が一つの原因です。筋肉が収縮する一環で無意識に食いしばってしまう方もいらっしゃいます。

噛む力は人間の持っている力の中で一番強いもの。食べ物を噛むときだけでなく、重い荷物を持つときに、勉強で集中しているときに、寝ている間に歯ぎしり。それに加えて寒さ特有の食いしばり。
人間のお口の中は常に強い噛み合わせに晒されています。
あまりに強い力を受け続けると時に歯がかけたり、割れてしまうことも。また歯茎が弱っている方は、腫れたり歯のぐらつきが増すこともあります。
寒い冬はよりお口の健康により一層の注意が必要ですね。

さて2月に入り、もはや日本の一大イベントとして欠かせないバレンタイン。定番の贈り物はやはりチョコレートですよね^^
私も大好きです♪
ランチの後に、休日に、ホッと一息つきたいときに・・・
ほんの小さな小さな一粒の甘さにどれだけ癒されたことか・・・

そして大人だけでなくチョコレートはお子さんも大好物ですよね。
我が家も例外ではありません。

チョコの甘味の魅力は子供も大人も一緒。でも正直子供にはできるだけ与えたくない・・・

そんなママさんへ。今はキシリトール100%の虫歯にならないチョコレートがあるのです。すーっとした後味が特徴ですが、ちゃんとチョコレートです。
これなら罪悪感なしにお子さんに食べさせてあげられそうですね。

そして以前もお伝えした虫歯予防の3か条
①間食は時間を決めて
②夕食前の1時間は飲食を控える
③冷蔵庫に甘い飲み物を買い置きしない

これにキシリトールをうまく組み合わせることができればベストです!

当院では随時お子さんの食生活のご相談もいたしております。
お気軽のご相談くださいね。

そして当院でも恒例の雛飾りが少しづつ登場し始めました。順次アップさせていただきますね^^
四十肩になりそうな齢の私ですが、毎年雛飾りには本当に心ときめきます。
もうすぐ素敵な季節の始まりですね。

 
 

2019-02-12 19:55:00

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5