湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:30 午後 14:00~18:00 休診日 水曜・日曜・祝日

ブログ・コラム

 

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  hoshiyaブログ»  コラム»  噛むことの重要さ

噛むことの重要さ

噛むことの重要さ

ある研究によると、健常者の高齢者の残っている歯数が平均14.9本に対して
認知症の疑いのある高齢者の歯数は9.4本でした。
さらに調査を希望した健常者と認知症の疑いのある高齢者の脳をMRIで撮影し、
残っている歯数と脳の容積との関係を調べた結果、歯数の少ない人ほど
脳の中にある海馬付近と前頭葉のようせきが減っていることがわかりました。
海馬は物を食べる時に様々な情報を大脳を経て短期記憶として保存する部位です。
また入れ歯の患者さんが病気などで入院し、入れ歯を外したままでいると
寝たきりになり、認知機能が低下することなどが多々見られるそうです。
そうした患者さんに入れ歯を作り、嚙めるように調整すると症状が改善したという
報告が数多くあるます。

よく噛むことで様々な効果を生むことが知られてます。
その一つとして噛むことの刺激によって脳血管が拡張し脳の血流量が
増加します。さらに噛むことにより唾液中に分泌されるパロチンには
子供の発育促進や大人の
老化防止の働きがあり、結果的に認知症の予防につながります。

いつまでも健康的に食事がしたいとは誰もが思うことです。
星谷歯科医院は『当院で治療した歯は一生もってほしい』
と願って治療しております。
その願いが少しでも叶えられますようにお手伝いさせていただきます。

2017-12-19 15:09:13

コラム