湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:00 火曜のみ20:00まで 金曜のみ10:00から 休診日 水曜・日曜・祝日

痛みの少ない治療

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
提携病院 AED設置 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  痛みの少ない治療

星谷歯科=『可能な限り痛くない治療』

歯に何らかのトラブルを抱えた時、『早く歯科医院に行かなきゃ!』と思う反面、予約の電話を少しためらってしまう方、意外に多いのではないでしょうか。
『痛かったらどうしよう・・・』といった歯科治療に対する恐怖心が足を遠のかせる一因かもしれません。確かに痛いのは嫌ですよね。
しかし、一度虫歯になってしまった歯は放っておいても自然治癒はしません。時間が経てば経つほど虫歯が進行し、残せた歯も失うリスクが上がってしまいます。
ただ、実は歯科医師である私たちも痛いのは大嫌いです。ですので、患者さんの不安なお気持ちはよく理解できます。私たちは自分自身が、また自分の家族が受けたい治療を目指しています。そう言った意味でも、痛いのが大嫌いな自分も安心できるレベルの『できるだけ痛くない治療』を目標としています。

一番大切なこと

当院では、治療上、部位によって患者さんのお顔に水はねが生じる等の理由がない限り、顔にタオルをおかけしていません。それは、治療中、患者さんの表情のわずかな変化も見逃さないためです。少しでも痛そうな表情、お口に水が溜まって不快な表情、その他何か気になってらっしゃる表情・・・患者さんのわずかなサインにもすぐ対応できるように常に気を配っています。
また、お口を開いての治療中、痛みのある場合には、手を挙げてのお知らせをお願いしています。ただ、私たち歯科医師、衛生士は、患者さんが痛いと思う前に、その前兆を見逃さず、適切に対処する努力を怠りません。
『なるべく痛くない治療』・・・痛みを軽減するための手技や機器も重要ですが、患者さんへの配慮を大切にする。これが患者さんが本当に望まれる『歯科治療』ではないでしょうか。

『できるだけ痛くない治療』のためのポイント

当院では次のステップを行うことで、『できるだけ痛くない』治療を目指しています。

ステップ① 表面麻酔の使用

治療で歯を削ったり、場合によっては歯を抜いたりするときの痛みは、麻酔を効かせることで解決されます。しかし、多くの方は、この麻酔注射を打つときの痛みにも恐怖心を持っておられます。
歯科治療の前段階、まずはこの麻酔注射を刺すときの「チクッ」とした痛みを軽減するために、表面麻酔を使用します。塗り薬ですので使用時に痛みはありません。

 

ステップ② 医学的視点からのアプローチ

同じお口の粘膜でも痛みを感じる痛点が多い場所と、少ない場所があります。
まずはこの痛点が少ない場所に麻酔を打ち、徐々に深部に麻酔を進めていきます。
手間と時間のかかる方法ですがとても大切なステップです。

 

ステップ③ 麻酔液を温めます

麻酔液と体温との温度差が大きいと、痛みの原因となります。そこで専用の機械を使い麻酔液を体温と同じ程度に温めることで、麻酔液が入ってきた時の痛み、違和感を軽減させます。

 

ステップ④ 電動麻酔注射

麻酔の際、最も痛みを感じやすいと言われているのが、急速で麻酔液を注入することです。
急激に麻酔液が入ることによって、細胞が押し広げられることが原因です。その痛みを軽減するには、できるだけゆっくりと、一定の速度で麻酔液を注入する必要があります。
当院では、電動の麻酔注射を使用することでさらに確実に注入速度をコントロールしています。見た目は怖そうに見えますが、患者さんにとても優しい医療器具です。

 

ステップ⑤ 声かけしながら麻酔を行います

何も言わずに、いきなり麻酔注射を射されたら誰だって驚きますよね。当院ではもちろんそんなことはあり得ません。
何か治療する際にはその都度お声かけをして、患者さんの心の準備も整えます。

 

ステップ⑥ 恐怖心の強い方には『笑気吸入鎮静法』を行っています

治療に対する強い不安感や恐怖心が、痛みの感じ方を強くさせる場合があります。
そこでそういった恐怖心の強い患者さんにリラックスして治療を受けていただけるよう、当院では『笑気吸入鎮静法』を行っております。ご希望の方はスタッフに声をお掛け下さい。

 
>詳しくはこちら

麻酔が効きにくい場合と対処法

麻酔をしたのに痛かったという経験があるかもしれません。歯科治療では、下記のような条件下では麻酔が効きにくいことがあります。

麻酔が効きづらいとき

  • 急性症状で痛みが強いとき
  • 膿が溜ってしまっているとき
  • 骨の密度が高い部位のとき(麻酔液が浸透しにくい場合があります)
 

麻酔が効かないときの対処法 ※麻酔が効いていないときには、すぐにお伝え下さい。

  • 治療を中断して薬を処方します(炎症が治まるまで薬を処方します)
  • 麻酔を追加します
  • 少し我慢して頂く(痛みの程度により、治療を続けた方が楽な場合があります。ただし患者さんの同意なく無理やり続行することは一切しません。)

最後に

前述しましたとおり当院では『できるだけ痛くない治療』を目指して努力をしています。しかし、残念ながら完全な無痛治療というのは不可能であることもご理解ください。
歯科治療ではどんなに腕の良い歯科医師が治療をしたとしても痛みが発生することがあります。場合によっては丁寧に治療をすればするほどお痛みが出ることもあります。
例えば、虫歯は徹底的に除去しなければ意味がありません。深い虫歯の場合は神経にかなり近づく場合があります。その際できるだけ神経を残すためにギリギリのところで神経を取らずに様子を見ることがあります。こういった場合、一時的に痛みを増幅させてしまう可能性もあります。またできるだけ歯を抜かないために可能な限り保存する努力をします。抜いてしまえば痛みは落ち着くわけですので、抜くのが手っ取り早い方法です。しかし当院では時間がかかってでも可能な限り保存したいと考えています。もちろん、治療前後には、起こりうるトラブルに関して十分ご説明いたしますが、治療に伴うそういったリスクもご承知いただければと思います。