湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:30 午後 14:00~18:00 休診日 水曜・日曜・祝日

一般検査

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  一般検査

お口の中の情報を集めるための検査

レントゲン撮影

よくある質問の中に『なぜレントゲンを撮るのですか?』というものがあります。
私たちはお口の中を検査する際、暗いお口の中にライトを当て、小さなミラーや探針と呼ばれる表面を触る器具、歯周ポケットを測定する器具などを使って異常がないか注意深く診て行きます。
その際、明らかに歯が欠けていたり、色が変わっていれば、何か問題があることは分かります。しかしその情報だけでは判断が難しいのです。
私たちが実際の目で確認できるところはお口の中に露出している部分のみです。
レントゲンを撮影することで歯の内部、歯茎の下の骨など直接目で見ることのできない部分の様子を知ることができます。
むし歯の場合なら、大きさや進行程度、また隠れた場所にあるむし歯を見つけることができますし、歯周病の場合だと骨の状態から進行の具合が分かります。
また『陰性所見』といって、トラブルがなく、健康な状態であることを確認することも、とても大切な診断の一つです。

口腔内写真撮影

ご自身の歯は今何本あるか、また以前どの歯にどんな治療をしたのか。その歯は今どのような状況なのか。鏡の前で大きくお口を開けて見てみましょう。お口は狭くてよく光が届きません。ご自身の目で隅々まで見ることはかなり難しいのではないでしょうか。そこでお口の中のをカメラを使って撮影します。
今まで見ることのできなかった歯1本1本をご自身の目で確認することができます。
また治療前後を比較することもできます。客観的にご自身のお口の中を見ていただくことは理想の口腔内に近づく第一歩だと考えます。

歯周病の検査

歯の周囲の歯肉には、歯を取り囲むように歯周ポケットと呼ばれる溝があります。この歯周ポケットは健康な歯肉にもあり、その深さの正常値は3ミリ以内です。歯周ポケットが深くなる=歯周病が進行しているということ。この歯周ポケットの深さを測る検査に加え、歯の動揺度(骨のグラつきの有無),出血の有無(炎症の有無)などについて検査します。