湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:00 火曜のみ20:00まで 金曜のみ10:00から 休診日 水曜・日曜・祝日

歯科用CT

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCTです。
従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTでは三次元の立体画像でより多くの精密な情報を得ることができます。

歯科用CTでわかること

  • 歯の根の破折の有無
  • 親知らずの位置
  • 根尖病巣(根の病気)の大きさ
  • 歯槽骨(歯を支えている骨)の量と形態
  • インプラント埋入位置の骨量、骨質また神経、血管との位置関係
  • その他顎顔面周囲の疾患の鑑別 など

これにより歯の状態を的確に把握・診断できるようになり、その状態にあった最適の治療法を提案をすることができます。

親知らずの抜歯

親知らずの位置を立体的に把握することができ、また周囲の炎症の程度、病巣の有無や大きさなども考慮して、治療を行うことができます。これにより神経や血管を傷つけてしまう危険性を大幅に軽減でき最小限の切開、骨の切削でより安全に抜歯を行うことができます。

根管治療(根の治療)

歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態など、かなり正確に把握でき,根の病気の完治を目指しやすくなります。

インプラント治療の診断

インプラントとは歯を失った顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて、新たに歯を作ることですインプラント治療では、埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確に把握することが必要不可欠です。精密なCT画像をもとに、的確な診査・診断・治療計画を立てることは、安心・安全な治療への第一歩です。

被ばくに関して

国際放射線防護委員会(ICRP)は、CTやレントゲン撮影、また原子力発電所で生まれる放射線の被ばく量の限度として、平常時では年間約1smSv(ミリシーベルト)が理想的であると勧告しています。(原子力発電所の事故など緊急時には10から200倍に引き上げられます。)
一方、歯科用CTやレントゲン撮影で受ける放射線量は、以下のようになります。

星谷歯科医院の歯科用CTは超低被曝モード搭載の最新機器ですので一般的な歯科用CTよりも体に優しく、安心して撮影を受けていただけます。
これは、一年間の限度とされる値の100分の1程度の値であり、胸部や胃のX線検査で浴びる放射線被ばく量よりも圧倒的に少ない値です。

 

歯科用CTやレントゲンで受ける放射線量

  • 星谷歯科医院の歯科用CT : 0.013~0.024mSV/1回
    (一般的な歯科用CT : 0.1mSv/ 1回)
  • 口の中に入れて撮影する小さい写真(デンタル) : 0.01mSv / 1枚
  • お口全体が撮影できる大きい写真(パノラマ) : 0.03mSv / 1枚

放射線に関する豆知識

放射線と放射能の違いとは?
「放射線」は光の仲間で、物質を透過する力を持ったものです。放射線を出す物を「放射性物質」と言い、放射線を出す能力を「放射能」と言います。
人体への影響を表す線量の単位「Sv」(シーベルト)
放射線による人体への影響を表す単位を「Sv」(シーベルト)といいます。人体が放射線にさらされることを「被ばく」といい、人体が浴びた放射線の線量を「被ばく線量」といいます。シーベルトは、「ある期間(時間)に被ばくした量の合計」を表す線量の単位です。
放射能を測る単位「ベクレル」(Bq)
放射線を出す能力、放射能を表す単位です。