湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:00 火曜のみ20:00まで 金曜のみ10:00から 休診日 水曜・日曜・祝日

歯を失ったら

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  歯を失うということ

歯を失うということ

1本くらい歯が抜けたって他の歯で噛めるから・・・と軽く考えておられる方は少なくないと思います。確かに抜けた場所によっては抜ける前とさほど変わらず食事や会話が楽しめるかもしれません。しかし、歯を1本でも失った場合、なぜ私たち歯科医師は抜けた部分を補おうとするのでしょうか。
歯を支える骨は常に再生をしていますので、歯が抜けて空間ができると隣の歯が徐々に傾いてきてしまいます。さらにそのままの状態にしておくと、抜けた歯の隣や上の歯だけにとどまらず、ほかの歯もどんどん移勤してきてしまい、全体の歯ならびや噛み合わせもにも悪影響を与えます。噛み合わせが悪くなると噛む力が均等に分散されず余分な力が加わり健康だった歯にも大きなダメージを与えてしまいます。 また、歯ならびが悪くなると、歯ブラシがしづらくなり、みがき残しができて、むし歯や歯周病にかかるリスクもぐっと高くなってしまいます。
いかがでしょうか。例え1本の歯がなくなったとしても、お口の環境は想像以上に悪い方向へ変化していくという認識が非常に大切です。歯が無くなることは自然界では「死」を意味します。幸いにも私たち人間は失った歯を補う技術を持っています。残った歯を守るために、将来もずっと健康で生きいきと過ごせるように一緒に最善の方法を考えていきましょう。

失った歯の治療方法

歯を失ってしまった場合は機能や見た目を回復する為の選択肢として、入れ歯、、インプラントの3つの方法があり、 以下にこれらの治療法についてご説明いたします。

入れ歯による治療

部分入れ歯は失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、固定する方法です。ご自身の歯茎の上に人工の歯茎と歯がのります。比較的短期間で作成でき取り外し可能なのでお手入れしやすいことが特徴です。一方、総入れ歯の場合、噛む力は天然の歯の役30%程度と言われています。

>詳しくは入れ歯のページへ

ブリッジによる治療

ブリッジによる治療は失った歯の両隣りの歯を削り、削った歯を支柱として被せて欠損部を補う方法です。ブリッジという名前の通り、橋渡しのように補う方法ですので1本歯を失った場合は最低でも3本一組。2本失った場合は最低でも4本一組といったように、何本かの歯がセットで治療が必要になります。入れ歯に比べ違和感も出にくく、見た目も素材によっては天然の歯と見分けがつかないほど美しく仕上げることも可能です。

インプラントによる治療

インプラント(人工歯根)は、歯を抜いた後の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せて、噛み合わせを作ることで、再び自分の歯のように噛む機能を回復させる治療法です。インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、食物を噛んだり、会話を楽しむことができます。 インプラントで回復した歯は、固定性のものなので、入れ歯と違い噛むことが難しかった物も噛めるようになり、ガタつきや違和感もなく、自分の歯と同じ感覚を得ることができます。

入れ歯の違和感が気になる方やブリッジによる両隣の健康な天然歯を削りたくない方には非常に有効な治療法です。

>詳しくはインプラントのページへ

それぞれの治療方法のメリット・デメリット

治療方法 (部分)入れ歯 ブリッジ インプラント
メリット
  • 両隣の歯を削らなくてよい
  • 着脱式なので清掃がしやすい
  • ブリッジでは対応できないような大きな欠損にも対応できる
  • 取り外しができるのでお手入れしやすい
  • 違和感、痛みがでにくい
  • 材質によって天然歯に近い美しさに仕上げられる
  • 咬む力は天然歯の時とほぼ変わらない
  • 自分の歯と同じようにしっかり噛むことができる
  • 隣の健康な歯を削る必要がない
  • 見た目が元の歯に近くなる

良く噛めることは全身的にも周囲の健康な歯にもよい影響を与える。

デメリット
  • 歯茎の上に人工の歯と歯茎を乗せるため違和感がある
  • 繊維性のものや固いものは苦手な場合がある
  • 発音がしづらい場合がある
  • 舌感が悪い
  • 粘着性の食べ物がくっつきやすい
  • バネををかける歯に負担がかかる
  • 入れ歯と歯肉の間に食べかすが入りやすいので不快感や痛みを感じやすい
  • 両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合がある。
  • ブリッジの下部と歯肉との間のに食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすくなる。
  • 空気がもれて発音が困難になる場合がある
  • 手術が必要
  • 骨の状態によっては時間がかかる場合や治療ができない場合がある
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある

インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

費用 保険適用範囲の方法、材料を使選択する場合は保険で治療できます。
保険適用外の材料を選択する場合は自由診療となります。
保険適用範囲の方法、材料を使選択する場合は保険で治療できます。
保険適用外の材料を選択する場合は自由診療となります。
インプラントは保険適用外ですので自由診療となります。

最後に

いかがでしょうか。もし私自身が歯を失ったら間違いなくインプラントを選びます。しかしそれはその時点で自分がインプラントのできる条件が整っている場合です。どの治療法を選択するかは人それぞれです。どの方にもインプラントが最善の方法というわけではありませんのでよくご相談のうえ治療法を決定していきましょう。