湘南台駅西口C出口徒歩3分・駐車場12台完備
TEL:0120-648-174
 web予約
メール無料相談
午前 9:00~12:30 午後 14:00~18:00 休診日 水曜・日曜・祝日

持病をお持ちの方へ

ご予約・ご相談はこちら TEL:0120-648-174 WEB予約 初診の方へ
著書・共著をご紹介します 著書紹介
厚生労働省認定 かかりつけ歯科医機能 強化型歯科診療所提携病院 脳髄細胞バンク
星谷歯科医院で行う笑気吸入鎮静法について ママにもやさしい歯医者さんでありたい。Mother's Day 星谷歯科医院の小児歯科 Art in Hospital 院長コラム hoshiyaブログ お口の健康ブックレット スタッフ募集
MOBILE
MOBILE 大好き!湘南台 ウェルフェアポート湘南 ならはみらい Ringa Ringa
HOME»  持病をお持ちの方へ

歯科治療において、麻酔や抜歯・外科手術などの出血を伴う処置、治療を受ける際の過度の緊張などが、持病をお持ちの方の全身状態に重篤な影響を及ぼすことがあります。

<代表的な全身疾患>
  • 心筋梗塞・狭心症
  • 脳梗塞・脳出血
  • 心臓弁膜症
  • 先天性の心疾患
  • 不整脈・ペースメーカー・埋込型除細動器
  • 甲状腺機能亢進症
  • 肝疾患・腎疾患
  • がん
  • 骨粗鬆症
  • 喘息

上記は一例です。記載したもの以外にも全身疾患をお持ちの方は問診票には正確に不足なく記載をお願い致します。現在通院中の方も、全身状態や服薬状況の変化など、必ず歯科医師に報告するようにお願い致します。

高血圧症の方

高血圧症の方は、痛みや緊張により血圧が上昇したり、抜歯後の出血が止まりにくかったりします。そのため、血圧のコントロール状況や抜歯に際して留意点を医科の主治医に確認させていただきます。比較的血圧が落ち着いている午前中にご予約をお取りしたり、当日の降圧剤の服用状況の確認等、安全な治療のための配慮が必要となりますので、まずは歯科医師に必ずご相談ください。

糖尿病の方

糖尿病は免疫反応が悪くなっていたり血流が悪くなっていたりするため、自然治癒が遅れ、感染症にかかりやすく、抜歯後などの傷の治りも悪いという特徴があります。治療中のストレスにより高血糖や低血糖状態に陥ることもあります。食事直前の治療は避け、糖尿病治療薬は忘れずに飲みましょう。歯科医師から指示が出た場合は、抜歯などの外科処置の前に抗菌薬を服用していただくことがあります。まずは歯科医師に必ずご相談ください。また、糖尿病の方は歯周病になりやすいばかりでなく、歯周病によって血糖コントロールが改善しにくくなってしまいます。歯周治療とセルフケアによって、糖尿病と歯周病双方の改善をはかりましょう。

骨粗鬆症の方

骨粗鬆症治療薬の「ビスフォスフォネート系薬剤(BP剤)」や、使用後に、お口の中の病変が原因となり顎の骨が壊死(顎骨壊死)する可能性があります。この顎骨壊死は通常の顎の骨の壊死とは異なり、周りの組織に進行していくことが特徴で難治性です。可能であれば、薬剤を使用開始する前に必要な抜歯や歯性感染病巣の除去を行い、お口の中に骨の露出がない状態に治ってから薬剤を開始するのが理想と思われます。これからお薬を使用開始する方や現在使用中の方は歯科医師にご相談ください。

がん治療中の方

化学療法や放射線療法による骨髄抑制により、白血球や血小板が低下している病態もあり、歯を抜いたり、根の治療をしたり、外科的な処置が必要な場合には、全身の状態が回復した後に歯科治療を行う場合もあります。

喘息の方

ぜんそくのある方は体調が良い日に無理のない内容の範囲で治療を進める事が大切です。発作の起こる時期と無症状の時期が繰り返すので、コンディションの良い時期に予約を取って下さい。また、発作の起こりやすい時間帯を避けて予約時間をとって下さい。普段使用している携帯用吸入薬は持参して下さい。長期的にステロイドを投与されている患者さまは、感染を起こしやすいので必ず歯科医師にお申し出下さい。